受変電設備・キュービクル・変圧器(トランス)改修工事

受変電設備・キュービクル・変圧器改修工事福岡でビルメンテナンスのことなら朝日ビルメンテナンス

対象施設別サービス
オフィスビル
商業施設
教育施設
ホテル
医療施設
マンション
官公庁

Service受変電設備・キュービクル・変圧器(トランス)改修工事とは

新しい受変電設備はエネルギー消費効率が向上しており、大きな省エネ効果を得ることができます。
環境に優しく、さらには電気料金の削減効果も得られる新しい受変電設備への更新をおすすめします。

受変電設備の写真(2014年:エネルギー変換ロス約40%削減)

対象不動産

オフィスビル商業施設(スーパー・モール)教育施設(学校・大学・塾)ホテル医療・福祉施設マンション官公庁

受変電設備・キュービクル・変圧器改修工事 施工例

Facility受変電設備とは

発電所から送られてくる電気は電圧が高くそのままでは使えないため、使用する設備に合わせた電圧に降圧する必要があります。
降圧するための設備が受変電設備で変圧器・コンデンサ・その他の保安装置などの機器一式をキュービクルという金属製の外箱に収めたものをいいます。

劣化には注意

キュービクルの実用耐用年数は中のパーツによって異なりますが、20~25年。この設備の劣化を放置するのは大変危険です。故障した場合は、建物の停電はもちろんのこと、電気火災や感電・停電事故や波及事故などの大惨事にまで発展する可能性があります。
計画的に点検・更新を行い、リスクを軽減しましょう。
※補修や再塗装、清掃などのメンテナンスを怠った場合は更に耐用年数が短くなります。

設備更新をご検討の皆様へ

更新費用は小規模工場やコンビニでも200万円以上となり、また、償却資産として課税対象となるため事業者様の大きな負担となります。
朝日ビルメンテナンスでは、リースや償却資産の対象とならない契約での設置など幅広くご提案可能です。

ページの
トップへ